人の科学の力も、やっぱり愛。それが受け取れるようになったよ♡

ナチュラルなものが好きで
科学や機械を使うのが苦手だった。

親が子供の私に、何気なく(良かれと思って)
使っていた薬の副作用で
あとになってから、恐ろしいほど苦しんだせいもあって。

小さい頃から、自然の中で
小さな生き物や植物が一番近しく感じていた。

そのほかの、人間や人間が作り出すものは
関わるのが難しかった、ずっと。

でも、数年前、十三の小さな映画館で
「祈り」っていう映画を見たとき!

ドキュメンタリー。

目に見えない世界が
科学でここまで解明されてきているのか!
って、見終わったとき、立ち上がって拍手をしたくなったっけ。

映画館の人はまばらで
私の前のおじさんが
ずっと爆睡していたのが信じられなかった(笑)

福島の津波のとき

初めて、祈りの力を体感して、びっくりして
だから人は祈るのか!って謎が解けて

でもそれを言葉に表現したり説明ができなかったから

「よくぞ!」ってすごく嬉しかった。

もう一つ、同じように前のめりで
見入ったドキュメンタリーは岡本太郎の「太陽の塔」✨

あ、あちこち飛んじゃう。「太陽の塔」はまた今度。

話し戻すと

今、再生の大きな事業に関わっていて
そこでのことが「祈り」レベルで私の中に感動を巻き起こしてる。

昨日書いた
37度で人の血管から水素が発生する記事もそう。

人間の科学の力。
その根底にあるのは愛。

アインシュタインが最後に娘に残した手紙に書かれていたことが
今繋がる。

あー、やっぱりあちこち話が飛んじゃう。

感動したとき、「あ!!」ってなった時

脳のシナプスがバババーって繋がるみたいで
いろんな記憶の断片が、パズルがはまるみたいに繋がって

言葉になる以前に細胞が
何かを「深く理解」するみたいなんだよね。

これはすごく大事な作業。私の脳の仕組み。
これ止めちゃうと新しい認識ができない。

書くことで、気づきやバージョンアップが加速する。

だからこのブログは、自分のため。
人にわかるように書くのはあきらめた(笑)

でも、見てくれてる人もいるから
ちょっとはわかるように書きたいんだよね。

続きます。


今はこんな機械も使うの好きになったよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です