バス停までの道のり、
立ち止まって、よそのお庭の花を見てたら
「来週くらい紫陽花が
きれいに色づくから取りに来て、切っとくから」
って声かけてもらった。

バスを待っているとき、
汗を拭こうとして、ハンカチがないのに気づいた私に
「これ、お洗濯してあるから」
と予備のハンカチをくださった女性。

帰り道、バスの時間待ちに寄ったカフェ。
カウンターの、隣の席の人とお菓子を半分こづつした。
ふたりとも
「コーヒーと一緒に
甘いものをちょっとだけ、食べたかったんだよねぇ」

3人とも、名前も知らない人たち。
私より、ひと回りかふた回り
先輩の女性。

目があって
今日は暑いですね、からはじまって
あっという間に
友達同士みたいに普通に話してる。

ほんの数分間のお友達。

昔はこういうの
すごく恥ずかしかった。

母がだれとでも、初対面の人とも
友達みたいに話しかけたりするのを見て
「いやだなぁ」って思ってた。

でも、いつの間にか
そういうとこ、母にそっくりやわ。
今はそれが、おかしくって楽しい。