「カラダからの声」出版記念イベント

「再生」そして「才能の開花」


限られた人生、生きている間にやりたいことをいっぱいしたい。

95パーセントは眠っていると言われている
潜在意識の力を引き出して
もっと自由に、生き生きと、好きな人生を送りませんか?


~今回はこんな人にきてほしい🍀~

自分や家族、大切な人たちと今もこれから先もずっと、元気で幸せでいたい人
子供たちの未来のために世界を変えていきたい人
自分や子供がマイノリティ(少数派)個性を生かしてのびのび命を育みたい人
人はみんな神聖な存在。スピリチュアルの扉を開けたい人
もっと広い世界で活躍したい人
人生の流れを変えたい人


イベントでは本の内容をさらにリアルに、質問にお答えしながら
自分の個性や才能を生かして、ずっと元気で幸せな人生を送るためのヒントをお話しします。


カラダの違和感、不調は才能。
あなたのセンサーが作動して、もっといい人生はこっちだよと軌道修正してくれているのです。

「カラダからの声」は、体の元気のことだけでなく、心のモヤモヤや
変わっている、人と同じようにできない、感じられないなどの周りとの違和感への悩みを
宝物に変える、アルケミスト(錬金術師)への入り口でもあります。

なぜ、心や頭や魂ではなく「カラダ」からの声に特化して書いたのか?
それは、体が一番、正直に答えをくれるから。
抽象度の高い話は文章だけではわかりづらい。
だからライブで、五感をフルに使って感じていただけたらと思います。



私は病気がきっかけで人生が大きく変化しました。いい方に。
でも病気は大変。だから、そうなる前に、自分の体の声に耳をすませてほしい。

目標は、自分も家族も友達も
ずっと元気で好きなことができること。

そのためにはまず、意識を変える、自分の思い込みの枠を外すことが大事です。
このイベントがあなたの新しい今と未来のきっかけになりますように🍀

 
スケジュール(予定) 
朗読とお話し、ライヤーの演奏、映像

14:30~~会場
15:00~~オープン
15:15~~ライヤー
15:30~~講演
16:00~~ライヤー/カフェタイム
16:45~~朗読
17:10~~クローズ

カフェタイムはドリンクを自由に注文していただけます。
(別料金、飲み物の持ち込みも可)

質問や交流の時間もありますので、ライブでしか得られないもの
持って帰ってくださいね。

日時 2020年 12月13日(日)14時30分~  
場所 絹延うどん研究所  

「うどん屋の2階カフェ」 阪急 絹延橋駅  (川西能勢口駅より1つ目)  徒歩1分


チケット 前売り 3800円 当日4500円 

特典「カラダからの声」印刷書籍つき(持ちかえることができます)

別途:2次会も開催予定です 18時30分~

お申し込みはこちらまで🍀
ihori.mihoko@mipolabo.com


Profile

1960年3月4日 北海道 札幌市生まれ  兵庫県 伊丹市 育ち B型 魚座

 自動車メーカー、電気自動車部門で9年勤務。
 現在の夫と運命的な結婚。死産の体験。
難病指定の膠原病の宣告。 ゾンビのような姿で5年間、ほぼ寝たきりに。
 自己治癒力を信じて回復。

 2010年インド、2012年セドナへの旅で、自分が生きている意味を知 る。野口整体、脳科学、ヒプノセラピー、OSHOタロットなどを学 びつつ旅や人との関わりの中で「どうしたら人は本当に幸せに生き られるのか」を探求。

 最新の科学と古代の叡智をミックスしたミポメソッドを構築。
 毎年100人以上のセッションとセラピストの育成。
 カラダと心と精神を統合する、人生を豊かにするミポラボを主催。
 あなたが主役の今と未来をデザインし、手に入れるサポートをして います。
日本全国、海外にも出張🕊

2020年現在は、兵庫県川西市で会社員の夫と二人暮らし。

 
Like and Love


自由と調和・みんなちがってみんないい・可能性は無限大
ひとり旅 ・ネパール・バリ・とうもろこし・フラワーオブライフ・自転車
 ローラインガルスの物語・海・カフェ・小鳥・夫

 

父と海と

先週、私の父と母を連れて
垂水に行きました。

そんなに乗り気じゃなかったのに
海見たら、スイッチが入ったらしい父。

着いたとたん、小石を拾って
海に向かって、水切りを始めた。


こんなお父さん、初めて見たよ。

なんてシャープな動き!
最近は寝たり起きたりの毎日だから、びっくりした。

子供の頃は野球をやってて、ピッチャーで四番だったんだって。

2年ぶりの外出。
この日は夜中、一度も目が覚めずに
ぐっすり眠れたって言ってた。

自然の中で過ごす時間。
みんなでいっぱい笑ったね。


体の具合が良くないと、やりたいことも思いつかない。
先のことも、何も思い浮かばない。

でも、海を目の前にしたら
好きな釣りのことや、体を動かす楽しさを思い出した父。

海には絶対はいらないって言ってたのに
誘ったら、さっさと靴下脱いで
「こういう石の下に、カニがおるんやぞ」って探し始めたりして。

人が生き生きとしている姿を見るのは
本当に嬉しい。

病気なんて関係ない。
キラキラしてる。

大好きなお父さん、早く元気になってね。

10月でも日に焼けるね。会う人みんなに、黒いねーって言われちゃったよ。

今この瞬間を生きれば、願いが叶うのは一瞬♡再度山のお散歩(2)

続きです。

橋のうえでMちゃんが、突然
「みほさん、こっち来て!」って呼びました。

持ってきたインディアンフルート、
みほさんへの祝福の曲を即興で作ったから、プレゼントするよって。

聞いてる途中、踊りだしたくなったけど
「あー、これってなんだか、儀式みたいだ」って思って
言われたとおり、彼に背中を向けて、木漏れ日の方向を見ながら
神妙に聞いていました。

私にとって儀式の時って
神妙にするっていうのがポイントなので(笑)

裸足、気持ちいい。砂利のところは足つぼ感覚・笑


あとで、二人で
儀式の大切さ、その影響力の大きさについて話しました。

昔、ヨガをやってた時卒業試験があった。

キャンドルの前で、なんかよくわからないまま
卒業の儀式を受けたんだけど

意味もわからず、決まりだから参加する、って感じで
ただ座って、言われた通りのことをやった。

成人式とか、結婚式もそうだった。

よくわからない。意味とか考えないし、それを感じるとかよりも
ただ、「そうするもの」としてやった。

儀式という感覚より、イベントみたいな感じ。
無自覚に生きていました。


インドやバリで、現地で仲良くなったローカルの友達に
「Mihoko、違う国の文化を体験してみない?」って誘ってもらって
参加したヒンズー教の儀式。

向こうの衣装を着て踊ったり、見よう見まねで手を合わせたり
ただ、楽しいだけの感覚。

意味なんてわからない。宗教に対する信仰心もない。

でも、それでもちゃんと儀式だった。
全部、そのエネルギーが体に、細胞に、意識に通ってたんだなって
あとになって気づいたわ。

意味のないことなんて、ひとつもなくて
全部がとどこおりなく、お膳立てされているかのようだった。

私にとっては、それら全部が癒しの旅。
アルケミストを目指す道。

川に入って、水の清らかさを堪能して
(大きい魚、小さい魚、いっぱいいたよ!)
裸足で峠の茶屋まで歩いて、おにぎりとお味噌汁、卵焼き。

お腹に染み込むみたいにおいしかったです♡

水。流れ。感じるの、好き。再度山また行こう。

つづく。

今この瞬間を生きれば、願いが叶うのは一瞬♡再度山のお散歩で(1)

昨日、Mちゃんと神戸の山に行きました。

彼とは数日前、Facebookで繋がって
お誘いが来た時は
「え?なんだろ?イベントのお誘い?」って思ったけど

結局、ただ一緒に遊ぶって話で
一気に仲良くなった。

裸足で、朝のお散歩いかが?ってお誘いが来て
日にちの約束はするけど、お互い、当日の朝起きた時のフィーリングで
行くかどうか決めましょうって。

前日、「どんな感じ?こっちは全然(行く感じ)ないんだよね。」
とかメール来たりして。
朝も返事がこなくて、でも私は「一人でも行こう♡」って
早朝からの自然のある場所へのお出かけにワクワクして。

電車が止まったり、時間に遅れたり、
でも結局
全部が私の想定を超えて、願いが叶ってく。
想像以上の豊かさ。

彼と会うまでのやり取りの中で
私がいかに日本で、枠に縛られて、というか

型通りの、エネルギーの乗っていない言葉を使っている部分が見えて
彼が「銀粉が降ってくる技、伝授するよ」って
言ってたけど、もう、そのメールのやり取りの中で
その意味がわかった。

願いが現実化するっていうのは
その銀粉が集まって、物質になること。

それがなる時、ならない時っていうのが
感覚でわかった。

彼は私が知っている中で
一番、「今」の自分の感覚を大事にして
それを生きている人。

あ、一番って書いたけど、後二人、友達を思い出しました・笑
タイプが違うから忘れてた。
彼女たちも物心ついた時から、自分の意志をしっかり持っていたタイプで
私とは違うタイプ。

私の場合は、自分の感覚を抑えて
親や先生や周りの人に合わせて生きてきて
病気の後、ようやく、自分の感覚を思い出していった。

彼のように2、3歳の頃からそうしている人と違って
大人になってから気づきました。


「今、この瞬間の、自分の感覚」で動くことができるのは
一人で海外にいる時だけで、

そうしている時は、ミラクルとシンクロの連続。
楽しくて、ご機嫌で、豊か。

それを日本でもどうやったらできるかを、ずっと練習してきてて
後もうちょっと
それが感覚的につかめたら・・・って思ってたら
Mちゃんと繋がった。

Mちゃんと出会った一瞬で、紐解けていったわ。
パズルのピースがまた一つ
はまった。

大きな大きな、自分の人生の
ジグソーパズル。

結局、銀粉が舞い落ちてくる方法の伝授の話は
遊ぶのに夢中で忘れてた・笑

水の流れ。言葉じゃないものが流れていく。素直になる。

言葉が結晶化されて、現実になる感覚。
自分が癒されて、滞りがさらさらと流れるようになって

「今」この瞬間を
考えることなく、動いていく感覚。

この両方があって、
叶えたい現実が叶う。

無意識に願っていることと
言葉化して願ったことが一致するんだな。

さらさらと人生が流れていく。

(2)につづく。

自分の神性を疑ってたら、叶うものも叶わない♡

まんちゃんからのお誘いで気づいたよ。
私、怖かった。全部の願いが叶うのが。

私の中にある、神様みたいな部分。
神さまからもらった、種、土に撒くよ。

自分の願い、しっかり宇宙に届ける練習。

今からダッシュで芦屋に行きます。

コロナのこと・2020/4/20の日記

(パソコンの中から出てきた、以前の日記)


いろんな人が、いろんな角度で
コロナのことを捉える、話す。

私はコロナのことで
不安に思うことは一切なくて

それはコロナだけじゃなく
わりと、一般的にピンチって言われること、全般に対してかもしれないけど

状況が大変な時ほど
冷静に頭が働いて、じゃあどういう動きがベストなのかなって考える。

今回、大変なことになるって世間的に言われているのは
病気と経済のこと。

どっちも私の中ではクリアにしていることがあって
どっちも大丈夫って思ってて、

人の説明するのは時間がかかるけど

ただ言えるのは

冷静になれば見えてくるものがあるから
パニックになりさえしなければ、最善のことができる。

さらにリラックスできれば
もっと、周りを見渡せるし、選択肢が増える。

ピンチと思ってたけど、実はチャンスって気がつくし
自分の願いが実は叶ってた!ってことにも気づく。

起こることは、起こることとして
周りがどうあれ、自分の中は静かで
在りたい自分、やりたいことがあるだけだ。

私の中には
根底にはいつも安心があって

それは
私が何度か死にかけたことがあったせいかもしれないけれど

私がこの人生での一番やりたいことは
「安心の世界」を広げたいことで

だから、いろんな辛い体験もしたんだなって思う。

絶望を味わった瞬間があっても
いつも希望がある。

光はいつもある。

昔の私は

絶望のさなかには
その中にどっぷりつかっていた。

辛くて、辛くて、悲しくて、無力で。

病気の時には
あんなに長く、壮絶だったにも関わらず
絶望はなく、どこかにいつも希望と安心があった。

症状がましな時のほっとした合間には
病気にありがとうって思うことすらあって、自分でも不思議だった。

辛かったけど、無力ではなかった。

今は一切の不安がない。

コロナショックと言われる今の状況も
怖いとか、辛いとか、不安がまったくない。

好きなお店が潰れたり、友達がコロナや経済で不安に思ってるの
見るのは嫌だし、なんとかしたいっては思うけど

自分のことに関してはまったく、不安がない。
不自由がない。

電車や飛行機には早く、自由に乗りたいなって思うけど
でも、それができないことで
新しい発見がある。

日常の、みじかな場所で
今まで以上に穏やかで素敵な時間を過ごせているし

先延ばしにしてた問題も、手をつけはじめた。
お尻に火が付いて、きっかけをもらえた感じ^^

無力だと思うことが、不安を生むのかな。

自分ではどうにもならない
いつこの状況が終わるのかわからない

それが不安を生むのかな。

今、コロナや経済のことで不安に思っている人がいるなら
「大丈夫」が見える方法を伝えたい。

「ない」ではなく「ある」
「できない」ではなく「できる」の前提で捉えると
見えてくるものがある。

私の話はあっちへいったり、こっちはいったり
理路整然と伝えるのは不得手。

でも、いろんな人がいろんな角度で
「この状況を冷静に見て!」
と、いろんなデータを出してくれている。

さっき、FBで友達が
冷静に。科学的観点からこの状況を見よう」って

YouTubeの記事をシェアしてた。

私は切り口は違うけど
言いたいことは同じ。

冷静に、落ち着いて、客観的に事実を捉えよう。

巻き込まれないで、自分の中心とつながろう。

そしたら

自分はその状況のなかで
どうしたい?どう在りたい?

があるだけだ。

外側は関係ない、
関係あるけど、関係ない。

うーん、うまく言えないな。
長くなっちゃうな。

周りや起こることがどんなでも
いつも安心な世界を生きたい人、その方法に興味がある人は
メッセージください。

私は会うことで状況を変化させるのが得意だから
会うのが手っ取り早いです。

そろそろレッスンも再開しよう。

この状況が「恐ろしいこと」「どうしようもない事」ではなく
事実として、起こっていることを落ち着いて見たら
大丈夫なんだって思えることがある。

安心な人が増えたらいいな。

安心な世界を広げたい。


免疫と自己治癒力

昔の、体がボロボロだった頃の私を知っている人から
突然、電話がありました。

どうしてそんなに元気になられたんですか?って。

この間、数年ぶりで街でばったり会って
びっくりしたんだって。

肌がすごく綺麗になってる
すごく元気そう!って。

もうほとんど忘れていたけど
当時から比べたら、そりゃあびっくりされるよね。

今も、客観的にみて
決して肌が綺麗な方じゃない。
まだ、まだ、再生の途中。

でも、あの頃は
一気に20歳も年老いた感じになって
鏡を見るのも恐ろしかったくらいだったから

それから比べたら💕

時々、何をしたら、そんなに元気になれるの?
って聞かれることある。

何が?ってわけじゃない。
体のしくみを知るとおもしろいよ。

自分の体は自分で治せる。

昨日、電話をくれた人
「自分の免疫力を上げたいんです!自己治癒力を上げたい!」
って、何度も言ってた。

そんなに親しい間柄じゃないし、電話なんて初めてだったから
私もびっくりしたよ。

だけど、こういうのって縁だからね。

知ってること、全部教えてあげたい。

こんなに元気になりました。
外にも自由に、出られるようになったよ🌸

再生の事業、これが私のしたいこと✨

再生の事業に出会ってから
ずっと、すごい勢いで、友達や知人に声をかけてきた。

9月からだから、えーと
半年、6ヶ月かぁ。

会って、話して、電話して、話して
もう、ありとあらゆる思いつくことをやって

これならわかってもらえるかと
資料をたくさん作って

でも、ほとんどが使わないまま
パソコンや引き出しに眠ってて

だって、仕上げた時点で
もう認識が変わってる。

私の視点も変わってるし、会社はどんどん進化していく。
地球の状況も変わっていく。

 

それに追いつくので精一杯で

その間も勉強したり、家族や友人と全力でぶつかったり
わかることがあって感動したり、成長していった・・・

6ヶ月、私がやってきたことを客観的に眺めると
やっぱり、「人を助けたい」って思ってたのかもしれない。

 

っていうか、もろにそれだけだよ。

あー、本当に長年の習性ってこわいなぁ。
いらない「習性」を「修正」しよう。

 

もっと全力で「自分のことだけ」をやる。
出てきたものだけを見る。

 

いちばんみじかな、くんくん(パートナー)のことだって
どうでもいい。

ただ私がくんくんにしたいことをするだけ。

彼の望みを知って、それを全力で叶えるのが
私のしたいこと。

私が、私だけが勝手にいつも
幸せでいる。そのために全力で♡

心配から生まれることなんて
ろくなことが無い。

 

ツナミの時、
飾ってたチューリップが狂ったようになったでしょう?

びっくりしたよね?

私の心配、悲しみが生み出す世界。

ううん、違う。
心配や、悲しみを抑えて、感じないようにしてた私を
チューリップが表現してくれた。

ううん、これも間違い。
私からの波動がチューリップに反映されただけ。

あー、もうどうでもいいや。

とにかくあの時、
私はとてつもなく辛くて悲しかった。

それを感じないようにして

自分でも気づかずに
テレビのニュースを一切見ず

毎日、花を飾り

感情を上手に蓋して、数ヶ月を過ごした。

夜眠れなくって、体もスッキリしなくて
三田のyさんが私にフォーカシングしてくれた時

やっと
自分の感情が決壊した。

「みんなを助けて!
お願いします!お願いします!」って

気がついたら、悲鳴のように叫んでた。
びっくりした、自分の声に。

大号泣。

あんなに泣いたのは、私の赤ちゃんをなくしたときくらいだ。

その時、自分の中に見たのは
宇宙船の中から、窓にはりついて地球を見ている私の姿と
沈んでいく地球の光景。

自分だけが助かってしまった。

みんなのことを助けられない。

本当はみんなを助けたかった。

繰り返し出てきた、この類の映像。
みんなを助けたかったのに、力不足で助けられなかった私バージョン。

江戸時代の若いリーダーのパターンもあったな。

過去世があるとか、ないとか
そんなのはどうでもよくって

とにかく、そういう
願いと思い(思い込み)が私の中にあったということ。

「私だけじゃなく、みんなを助けたい」という強い願い。
=やりたいこと

「私はみんなを助けられなかった、自分だけ(一部の人だけ)助かった」
=罪悪感

「私にはみんなの命を助けることはできない」
=無力感

ざっくりとこんな感じ。

 

書いてると、お母さんとおばあちゃんのことが蘇ってきたよ。
子供の私が必死に二人を守ろうとしていた。
助けたかった。

結局、幼い頃の記憶と結びついている。
パラレルワールド。

私はこの言葉の意味、知らないんだ。
聞いたことはあるし、調べたこともあるけど
スーッと抜けていく。意味わかんない。

でも「パラレルワールド」って思う。

なんども見る、過去世の映像。
いろんな時代の、異次元の
違う姿の私。

でも、テーマは同じ。
みんなを助けたかった、でも叶わなかった。

あ、違う!一個あった。

くんくんとの過去世。
私が初めて見た姿の違う自分、一番インパクトのあった映像。

戦争の時代。
敵対する国の私を、助け出そうとしていたくんくんとのストーリー。

あの時もらったメッセージは
その体験で私が得たものは

「愛だけは清らかだった」

という言葉だった。

 

人間の尊厳を、土足で踏みにじられるような世界で
愛だけは清らかだった。

今でもはっきり覚えている。
私のあの時の感覚、声、言葉。

そうだよ、それだよ!
思い出した。

yちゃんが、事あるごとにいつも言ってた言葉。

みほちゃんが一番、誰よりも清らかやん。
清らか代表やん(笑)って。

この間、くんくんと3人で
それぞれの性質を言いあいっこしてた時も
私に「清らか」がでてきた。

どんどんシンプルになってきたぞ。
あと一息。

だ・か・ら
私は、私さえ幸せになればいい。

私の願いは
「みんなで幸せであること」で

私が思う幸せっていうのは

それぞれがなんの不安も、恐れもなく
安心して好きなことができて

それぞれの人生を楽しめること。

それぞれの命が、細胞が、キラキラと輝くこと。

違う個性のみんなが、お互いを尊重しあって
自由に生きる世界。

笑顔。喜び。愛。豊かさ。

みんなっていうのは

私の周りの人。
私が出逢った人。
関わりのある人。

私と、私の周りの人と、周りの人の周りの人が
笑顔のお花のように色とりどりに輝いている世界。

あー、そっか!
フラワーオブライフだ。

広がる、お花畑。

今回の地球の大変化の時
やっぱりニュースはほとんど見ない。

動きを見るための最小限だけ。

前とはちがう。
世界の動きも、自分の内側の動きも、宇宙の流れも
見れる。見える。

なんて穏やかで楽しいんだろ。

飾ったチューリップの、なんとのびのびと楽しげなことか。

いつだって私の中が私の世界に反映される。
私がご機嫌で、生きる喜びにあふれていることが
私にできる、社会貢献。

セドナで思い知ったよね?

私がご機嫌で、心地よく存在するだけで
お礼を言われた。

バス待ちのベンチで座ってるだけで
ずーっと離れたとこにいた人がお礼を言いにきてくれて
びっくりしたよね?

体の不調が治りました。ありがとうございますって。

その後も次々と。

心配はいらない。
自分の喜びに集中しよう。

命をもらって、体があって、ここにいられる喜び。
感じられる心。

いいも悪いもない。
ただ、私の中から溢れるものが
私を取り巻く世界に反映されるんだから。

私が望むのもを想像して
創造するんだ。

あー、こうやって
人に説明とか、わかってもらおうとか思わずに
ただ、自分の中から出てくるものを表現するのって

なんて気持ちいいんだろ。

わかってもらえなくていい。
わかってくれる人はわかってくれる。

ううん、私さえ私のことがわかっていればいい。

 

私の願い。(これしか、考えていない)

「みんなで幸せでいる」
「自由でいる」

私の性質(いろいろあるけど、今、の主流ね)

「清らか」
「そのまま」

私のやりたいこと。今すぐの。私のセンサー。

「海ですごす」「土に触れる」

「温泉」っていうのも出てきたよ。そっか。ミネラルだ。
今、体が欲している。

あー、今、私がやってる作業って
マインドマップのセルフガイディングだ。

マップで描く代わりに
文章で書いてるだけ。

出てきたものをただ描くだけで
どんどん整理される。
癒される。方向がピンポイントに集約される。

自分にガイドするのって久しぶりだな。

 

友達を助けたいって思ってた。
勝手に。

お金がない。自分が家族が怪我した。
病気。大変。辛い。

みんなが言うたび
反応していたのは私の過去の記憶。

今回のコロナ騒動で
もうないと思ってた、私の中の罪悪感の残りが出てきたよ。

もう終わり。これ、毎回思うわ(笑)
で、あ、まだある!って、出てきても大丈夫。

自分の中にあるものを
知る。ただ見る。ただ、そっかーって思う。
感じる。それだけ。

「出てきてくれて、ありがとう」だよ、ほんとに^^

今回はのびのびチューリップ。どんどん自由に伸びてくよ〜。


私は私の仕事をしよう。
私さえ、私だけ、幸せでいることだけを考えよう。

何度もなんども、ここに還る。

「還る」ために「変える」

タイムマシンに乗ったみたいに
過去にも未来にも
今ここを中心に自在に行ったり来たりして

作りたい世界を作るんだ。

私の願いは宇宙に放り投げて
私は私のセンサーで、私の「やりたい!」をやっていこう♡

同じビジョンの仲間に出会って
今回はチームで♡

ほんとうに
あー、もう6ヶ月もたったのかぁとも思うけど
何年も前の気もするよ。

1日が濃くて長くて早い。
時間のスピードが不思議な感じ。

あー、いよいよだね。世界が大きく変わる✨



この間、カメラマンデビューしはったゴンちゃんの写真。植物みたいに光の方へ✨

〜アナウンス〜

再生の分野の事業で
事業家として仕事をしたい人
収入を得たい人
会社がzoomで説明会やってるよ〜。

私は今、加盟店を作る仕事をしています。
期間限定✨

2020年、ミポラボの研究は趣味なのだ〜😉

人の科学の力も、やっぱり愛(2)

で、さっき何が言いたかったかっていうと

以前は人が作った科学的なものが苦手だった。
恩恵を受け取れなかった。

なんでかな?
なんでだったのかな?

子供の頃から
アトピーで、肌が汚いのがすごく辛くて、悲しくて
お医者さんが出すステロイドを塗ると
ほんのちょっと、使うだけで綺麗になった。

親も普通に
お医者さんのいう通りにしてたらいいって
スタイルだし、今もそう。

自分で体の仕組みを知ったり
体の声を聞いたりなんてこと、考えもしなかった。

安心していた、それで。

それで、大人になってから
膠原病って診断されて、自分の声
「自分で治せる」って声を信じて、方向転換していった。

でも、それは壮絶な体験で
誰にも頼ることができなくて

もう、人の姿ですらなくなってしまって

いつも思っていたのは

「原爆を浴びた人みたい」
「アウシュビッツの収容所にいる人みたい」

ってことだった。

恐ろしく長い月日。

絶望の中で、自分の中から聞こえた
「自分で治せる」って声だけが意識のどこかに残っていて
微かな希望の光になっていたみたい。

原爆も、戦争も
人間が作り出したもの。

それが人を恐ろしい地獄に突き落とす。

人間が人間のために
「善」と思い、「正」と信じて生み出したものに
人間が苦しめられる。

もともとは愛から生まれたものなのに。

良かれと思い、ううん、そんな意識すらなく
ただ生み出されたもの、愛の結晶が
恐れで歪む。

不足感や、不安感。
満たされなくておこる、不満。怒り。悲しみ。

愛と恐れ。
ニュートラルなものが、その時々で
愛と恐れに振れるみたいだ。

今、私はあの地獄みたいな病気の日々を超えて
病気になる前よりも元気です。

生きていて楽しい。
どんどん、どんどん、楽しくなる。

自分の体、自分の魂、取り巻く人やもの、
地球にある全部が愛おしい。

宇宙の愛を感じる。
壮大なハーモニー。みんなで織りなすタペストリー。

病気だった時に学んだこと、体感した
目には見えない、とても大切なこと。

視野が大きく、高く広がりました。
「生きる」とか「命」とかが、宇宙と繋がった。

続きます。


寝たきりだった時の一番、夢見てたこと。海に触れることでした。ミラクル。

人の科学の力も、やっぱり愛。それが受け取れるようになったよ♡

ナチュラルなものが好きで
科学や機械を使うのが苦手だった。

親が子供の私に、何気なく(良かれと思って)
使っていた薬の副作用で
あとになってから、恐ろしいほど苦しんだせいもあって。

小さい頃から、自然の中で
小さな生き物や植物が一番近しく感じていた。

そのほかの、人間や人間が作り出すものは
関わるのが難しかった、ずっと。

でも、数年前、十三の小さな映画館で
「祈り」っていう映画を見たとき!

ドキュメンタリー。

目に見えない世界が
科学でここまで解明されてきているのか!
って、見終わったとき、立ち上がって拍手をしたくなったっけ。

映画館の人はまばらで
私の前のおじさんが
ずっと爆睡していたのが信じられなかった(笑)

福島の津波のとき

初めて、祈りの力を体感して、びっくりして
だから人は祈るのか!って謎が解けて

でもそれを言葉に表現したり説明ができなかったから

「よくぞ!」ってすごく嬉しかった。

もう一つ、同じように前のめりで
見入ったドキュメンタリーは岡本太郎の「太陽の塔」✨

あ、あちこち飛んじゃう。「太陽の塔」はまた今度。

話し戻すと

今、再生の大きな事業に関わっていて
そこでのことが「祈り」レベルで私の中に感動を巻き起こしてる。

昨日書いた
37度で人の血管から水素が発生する記事もそう。

人間の科学の力。
その根底にあるのは愛。

アインシュタインが最後に娘に残した手紙に書かれていたことが
今繋がる。

あー、やっぱりあちこち話が飛んじゃう。

感動したとき、「あ!!」ってなった時

脳のシナプスがバババーって繋がるみたいで
いろんな記憶の断片が、パズルがはまるみたいに繋がって

言葉になる以前に細胞が
何かを「深く理解」するみたいなんだよね。

これはすごく大事な作業。私の脳の仕組み。
これ止めちゃうと新しい認識ができない。

書くことで、気づきやバージョンアップが加速する。

だからこのブログは、自分のため。
人にわかるように書くのはあきらめた(笑)

でも、見てくれてる人もいるから
ちょっとはわかるように書きたいんだよね。

続きます。


今はこんな機械も使うの好きになったよ