ブログ

小鳥のきりり Bの1 「我が家に小鳥がやってきた」

1994年か、5年の3月。

お誕生日プレゼントで、きりりは我が家にやってきました。

結婚してから、小鳥が飼いたい!とずっと言い続けていた私に
反対していた夫からの、突然の贈り物でした。

私は小さな頃から鳥や動物が大好き
実家でもいつも何かしらの生き物と暮らしていました。

周りも田んぼや空き地の多い環境だったので、ノラ猫も亀もカエルもかたつむりもツバメも、みんな友達でした。

一方、町暮らしで、ほとんど接触のなかった夫は
生き物が大の苦手。

鳥は足が恐竜みたいで怖い、それに最後まで面倒見る責任があるんだから
安易に飼っちゃだめと言い続けていました。

その夫が、誕生日に小鳥を買ってあげるよと急に言い出したのです。

やったー!私は天にも昇る気持ち。

でも今思うと、夫はどうしてそんな気持ちになったのかな。
聞いてみましたが、覚えていないそうです。

でも、その時は嬉しくて有頂天になり
そんなことも気にならず、いそいそと小鳥やさんに行きました。

家から歩いて10分ほど、坂道を下ったところにある
猫の額ほどの小さなペットショップに
たくさんのセキセイインコの雛がいました。

まだ羽の生えそろっていない
ホワホワとした産毛をまとった赤ちゃんチームのケージに
目が釘付けになりました。

空色で、顔が淡い黄色の子たちでした。

覗き込むと、5〜6羽ほどの兄弟たちがピュルピュルと鳴き出し
その中の一番小柄な一羽が私の方に近づいてきました。

お店に行く前から
最初に目が合った子を連れて帰ろうと決めていましたので、
「うち、くる?」と心の中でその子に話しかけました。

その瞬間、その子はひときわ大きな声でピュルル、ピュルルと鳴いて
「うん、うん!」と言っているような気がしました。


「この子にします」と店長さんに言うと、

「その子たちはまだ小さいからもうちょっと待ったほうがいいよ、ご飯もしょっちゅうあげないといけないし」という思いがけない返事。

でも子供の頃、家で孵ったインコの雛にスプーンでご飯をあげて
手乗りインコにしていたことがあったので、
そのかわいさ、楽しさを思うと
できるだけ小さなうちから、育てたくなりました。

なので、お店の人に

「大事にちゃんと育てますから」とお願いしました。

「死なせちゃっても知らないですよ、冬だし」と言われて、
ちょっとドキッとしたけれど
「大丈夫です!」と連れて帰ることにしました。

お店の店長さんは、動物の先生と呼ばれて
ラジオ番組で小鳥の飼い方の相談などをやっている人だそうで
どうしても赤ちゃんから育てたいという私にあまりいい顔をしませんでした。


疲れてるから、それ、やりたくない。本当はいつもやりたくないんだよね。

疲れている時にできないことは
元気な時にもやらなくていいことだ。

元気な時は無理ができる。

これくらいはどうってことない
大したことじゃないから
考えている間にやったほうが早い

なーんて感じで自分をごまかして
自分でも気づかずにやっちゃってる。

本当は嫌なくせに。

いつも何気なくやっていることを
今日は疲れていて、やりたくないなぁって思った時

思い切ってやめてみる。
当たり前にやっていたことを。

小さな無理は体にくるし
小さな我慢は怒りに変わる。

無理も我慢もしない。
しても溜めない。
出す。溜まらないうちに。


疲れていても、時間なくても
つい、やってしまうくらい好きなこと
それだけをやっていこう。

川西能勢口、ケプリコさんのトマトチキンカレー♡

今日は、お昼にカレーを食べました。お気に入りのコーヒーとカレーのお店。
こっちはいっぱい貯まるといいね。
こども食堂の貯金箱。

小鳥のきりり A-1 「帰ってくるまで待っててね」

2010年の2月、習っていたヨガの関係で

インドに行くことになりました。

まだ体調も不安定だったことも気になっていたけれど、

一番の気がかりは小鳥のきりちゃんのことでした。

一般的にセキセイインコの寿命は7〜8年と言われているなか、

きりちゃんは15、6歳。

でも、高齢とはいっても、若い時と見た目もほとんど変わらず、

羽の力が衰えてきて、飛び回ることをしなくなった以外はいたって元気な子でした。

それでも年齢のことを考えて、亡くなる3年ほど前からは、

冬は出かける時や夜間には、カゴの下に湯たんぽを入れて、

寒くないようにこまめに温度管理をしたり、気をつけていました。

私が留守の間に、寿命が来るかもしれないな。

歳も歳だし、それはそれでしょうがない。

だけどもし私のいない時に、きりちゃんが亡くなったら、

夫が責任を感じるだろうなとそれが気がかりでした。

だから、インドに行くことが決まってから、

毎日きりちゃんに話しかけていました。

私が帰ってくるまで、待っててね。元気でいてね。

今こうして思い出して書いていると、

当時、お別れの時に私がそばにいなかったら、

きりちゃんがかわいそうとか、私が悲しいとかは
一切思いもしなかったのが自分で不思議です。

「目の細胞」としての私、ワンネスと覚醒

友人一動揺しない、YTちゃんと見に行った伊丹私立美術館の。
ミポラボのシンボルがいっぱい。

自分の意識 全部が投影。
あなたは私、机もカーテンも、アボガドの木も、蟻も。
朝目が覚めたら、雷に打たれたように
そう思った。
なんども、何度も何度も
この感覚が深まっていく。8年くらい前からかな。

 
昔、世界が一つのキラキラした光にしか見えないことがあった。
私も、ビルも、空も、人も、木も
うっすらと輪郭を持つだけで
全部同じ、虹色に輝く光にしか見えない。
なんだったったけ、映画のプレデター?
エイリアンが、姿が見えなくて、ボワンとした空気の揺らぎみたいに見える
そんな感じが近かったかな。
あまりに美しくて、疑問に思うよりも
わぁ、これから私は、ずっとこんな世界を生きていくのか、と嬉しさが勝った。
でも、次の日には元に戻った。
一日限定の光の世界。

数日後
人の声が、自分の胸の中からしか聞こえないことがあった。
誰が、何をしゃべっても、相手の口は動いているのに
声は私の胸の中から聞こえてくる。
この時は、自分が狂ったのかと思って、怖かった。
誰にも言えなくて、考えた末
当時、友人の中で飛び抜けて動揺しないYTちゃんに電話をした。
彼女の声も、やっぱり私の中から聞こえてきた。
それも、1日で終わった。

他にもいろんな現象が起こって
大概それは、一日限定、一度きりの体験だった。
当時は、何が起こっているのか
自分では全くわからなくて、不安ではなかったけど
人にはあまり話せないと感じていて
孤独だった。

それまでは、そういう
いわゆるスピリチュアルって言われることとは無縁で
というか、見えない世界はあるんだろうと思っていたけど
自分には関係ないっ遠ざけていた。
見える世界だけで生きていた。



突然、いろんな現象が起こって
天国のような世界を見たり感じたりしたかと思うと
絶望と孤独で号泣したり

まるで、洗濯機の中に放り込まれて
その渦の上を、小さな私が必死で水に落ちないように
波乗りしているような感じの毎日。

そして、数ヶ月後、それは自然に終わった。

あの体験はなんだったのかと不思議だった。

なんであんなことが起こるの?
他の人はどうなんだろう?
一体なんの意味がある?

ずっと後になって
潜在意識や、宇宙や、命のことを学ぶようになって
セッションをするようになって
なんとなく、理解できた。

私は、「ワンネス」っていうものを
体験したのかもしれない。

全部が私、みんな一つ。
世界は全部、光の粒子みたいなもので
形なんてなくて
自分の意識したことが形になる。

それを思い出した時から
いろんなことが見え始めた。
「覚醒」っていう言葉も知った。


特別なことじゃない。
私だけじゃない。
誰にでも起こること。
みんなそれぞれ、思い出すスタイルは違っても。

いや、違うのかもしれない。
今まではそう思っていたけど、さっき、パッて目が開いたのは
そのことじゃない。

よく思うのは、体の細胞の一個が
私だってこと。
世界を体で捉えると、私には理解しやすい。
だから時々、そのことを考える。

じゃ、私はどこの細胞なんだろって
ずっと思ってた。

私は「目」の細胞なのかもしれない。
だから、覚醒する必要があった。
必要?
時代の流れとリンクして、目覚める時期が来たって感じかも。
最後の、全体の覚醒は種明かし。

みんなが覚醒する必要はない。
私の友人たちはそんなタイプがほとんどだけど。
そんなこと、全く興味がない人もいる。

それぞれみんな違う。
人がそれぞれ、違う役割を持った細胞だと仮定したら。

今、こうやって書くことで
全部を思い出そうとしているのかもしれない。

延々と書き続けてしまう。

今日は、ビジネスで姫路まで行く。
約束があるので、書くのはおしまい。
このビジネスと向き合うことで、私はどんどん覚醒していく。

今年、二人の占い師から、「あなたは本を書く」と言われた。
出版社の人にも二人出会った。
何が起こるかはわからないけど、2回同じことがあるのはGOサイン。
この話を本にまとめよう。

出会うことは全部メッセージ。
全部、私の意識の結晶化。
私の命がやりたいこと。
再生。

続きのキーワード
ナウシカの腐海の森 再生医療 ビジネス 住み分け・仲間










一番の感動は自分だけのもの

いろんなことがあった時って
何も書けない。

その状況を味わったり、感じたり
余韻に浸ったり
ぼーっとする時間が必要で
あー、このこと、文章に書きたいって思っても
また次の出来事が起こって

目がパッて開くような、シェアしたい気づきがいっぱい。
でも、自分が味わうので精一杯なんだよね。

メモしてても
その時の臨場感はその時だけのものだしね。
思い出せない。
写真もない。

一番素晴らしい瞬間は
私だけのものなんだな。

ブログやFB書けるのは
いつも2番目、3番目に感動したことだ。


さぁ、もう寝よう。
今日も盛りだくさんの1日だったな。

明日の朝は、映像作家の濱さんと待ち合わせ。

ヒトガタのイベントでご一緒して
まだそんなにお話ししたことないんだけど・・・

思いきって、HPに使いたい動画のアイデアのことを
メッセージしたら相談に乗るよって言ってくださった!

嬉しいなぁ。

なんとなく響きが気に入ってつけた
「ミポラボ」
今日、ソランさんと話して
名前のとおり、ここは研究所なんだと再確認。

無意識につけた名前だけど
ちゃんと繋がってる。
っていうか、無意識だから
ちゃんと繋がっていくんだな。

あぁねむくてちゃんとかけない。
もうほんとにお休みなさい。





Life Journey with peaceful mind

人生は
心の平穏
命の完成を目指す旅。

映画「スティーブ・ジョブズ」に出てきたフレーズが
心に留まった。

まさに。
人生はそれに尽きる。

いかに寛いで
いかに自分の命を純粋に生きるか。

そうするごとに
人生は彩り深く、鮮やかに輝きを増す。

バリの海、朝の散歩。生き物に出会うとテンションが上がる♡

今日は一日お休み。

昨日の夕方から、風邪かな?
ちょっと熱っぽい。

予定のキャンセルをお願いして
朝からずっとパジャマのまんま

眠ったり、ぼんやりテレビを見たり。
久しぶりだな、こんな時間。

このところずっと
新しいこと
自分の枠をふた回りも広げてくれるような
新鮮な出来事が続いていて
夢中になって、疲れても動きたくて
体がストップをかけてくれた。

気だるい感じが心地いい。

波のように訪れる
人生の中の動と静の時間を
最近は楽しめるようになってきた。

以前はずっと、動きつづけいたかった。
動けないのはいけないことって思ってたんだな。

自分の命のリズムを大切にすると
人生が流れ出す。
行くべき場所に向かって
自然と。

寛いで、大きな海へと流れていこう。

足元の、緑色の小さな生き物、わかるかな。



「喜び」とは

私にとって喜びとは

愛、感謝、ワクワクする気持ちが
自然と、内側から、わあーって湧いてくること。
土台には、絶対的な安心感。

目の前にあるその存在の
ありのままの姿を愛しく思い
いきなり、ぎゅーって抱きしめたくなる時。

なにこれ!おいしい!ってびっくりする時。

あー、生きているのって楽しいって
しみじみ思う時。

冒険。

生きることそのもの。

輝く

自分を知ること

自分の
奥の奥のいっちばん奥の願いを知ること。

その願いの輝きを知れば知るほど
世界は輝いていく。


何かを「しなきゃ」って
一生懸命、考えなくていい。

だって、私たちの命は
勝手にその願いに向かって生きている。


自然に、そのままに。

輝く地球の輝く私たち。
たぶん、私たち共通の願いは
命ある限り、輝いていることだ。



ベランダから小鳥を見る。ピュアなエネルギーを大事にしよう。

台風の影響で
風がビョウビョウ吹いています。

朝、6時。

会社に行く夫に
ベランダから手を振って見送ると
一匹のシジュウカラが

可愛い声で鳴きながら
トントントンと、電線を伝って
電柱を登ってきました。

ちょうど私の目線と同じ高さ。
電柱のてっぺんで、ずーっとピチュピチュ鳴いています。

楽しそうだな、可愛いな。

そう思いながら、雨上がりの朝の空気や風を
私も楽しんでいたのだけど・・・

あ、そうだ。
小鳥を眺めてる間に体操しよう!

そう思った瞬間に
シジュウカラはピィ!と鳴いて飛んでいきました。

あー、そっかー。
さっきの私のエネルギー、

運動不足だわ、体動かさなきゃ
じっと小鳥を見てるだけなんて、時間がもったいない


ただただ、風に吹かれて小鳥を見ていることが
私の喜びだったのに・・・

あの瞬間、私のふんわりしたエネルギーに
ピリってしたものが湧いたんだろうな。

きっとその瞬間、あの子はそのエネルギーを察知した。

こういうのってよくある。

スズメとか、川沿いのサギやカワセミ。
無心に見ているときはそばにいても逃げないけれど
こちらの気配には本当に敏感。

小さな生き物たちはエネルギーに敏感だ。

いえいえ、小さな生き物だけじゃない。
本当は私もおんなじ。

今まではそれを感じないように
気づかないようにしていたから
体に出たんだよね。

そういうピリッとしたエネルギー、心配や不安や恐れのエネルギーは
気づかずに貯めていくと重くなる。

今の私に「〜しなきゃ」はいらない。
さぁ、パソコンから離れて
風を感じに外に出よう。

いつも訪ねる、バリのスディの家。たくさんの生き物と一緒に暮らしている。