ブログ

24時間ラッキーメッセージって? 説明文を作成中

くんくんのコーヒー焙煎

https://www.youtube.com/watch?v=Jncqwk3WkqA&feature=share

パン長さんが「魔女をたずねて三千里」というシリーズで
私をインタビューしに来てくれました。

会社から帰ったくんくんが、コーヒーの生豆を焙煎し始めて
それも撮影、動画に。

違う人の目線から見た夫を見ると
いつもとは違って、客観的に見れておもしろかったです。

これは動画をシェアしてもらってFBに書いたコメント。

***

パン長さん
素敵な動画を作ってくださって
ありがとうございました。

シリーズ3部作
自分のを見るときは、なんか照れくさくって・・・
でも、夫のはまた違った視点で見れました。

すごく違う私と夫、って思っていましたが
似てる。

まず自分でやってみたい。
プロセスを体験し、味わい、答え合せをしたい。

私の場合はいのちの探求、
夫はコーヒーとか車とか
ジャンルは違うんですけどね。

そういう動き方が好きなんだなぁと。

パン長さんの最後のナレーション、
涙が出そうになりました。

奇跡のような当たり前を
ちゃんと感じながら暮らす。

昨日、私もその大切さを感じて
FBに書きました。

小さな町の片隅で
ひっそりと幸せに暮らしている私たちを
訪ねてくれてありがとう。

実は子供の頃、アイドルに憧れていた夫。
本当はひっそりではなく
華やかに生きていきたい人なのです(笑)

パン長さんのおかげでyoutubeデビューができて
とても喜んでいます。

動画のことを伝えたら、平静を装っていましたが
すごく嬉しそうな顔をしていたのを
目撃しましたので。

今度は酵素玄米、食べに来てね〜🍀

ようこそ、お姫さま

新しいメニューの名前は
Dear Princess

12ヶ月の継続サポートコースです。

イメージは
子供の頃に大好きだった
アニメの「リボンの騎士」

女性を捨て、国を守るために
ずっと男性のふりをして戦う、サファイヤ姫のお話なんだけど

最終回のとき
ラストでドレスを着て王子様を踊るシーンを見て

「よかったね、サファイア姫!」

と号泣。
子供ながらに、ものすごく真剣に
彼女の幸せを願っていました(笑)

他にも、ナウシカとかもののけ姫とか
動物たちと仲良しの、凛としたお姫さまが好きだなぁ。

女性はいくつになっても、プリンセスでいいと思う。

王子様と出会ってハッピーエンドじゃない
結婚が幸せのゴールじゃない

本当の幸せは、その先もずーっと続く。

企画書の下書き〜。お姫さま希望の方、お待ちしています♡

Dear Princess

9月から3名さま、募集予定です。


さぁ午後は、九州からのお客さま。

オンラインで受講されていましたが
今日は対面セッションのご希望で。

「会いたいから」と遠方からでも
はるばる来てくださるのが
本当に嬉しい。

みなさん、ほんとにフットワーク軽いなぁ♡
あ、でも私もそうか^^

ピカピカ・チャイルド

どんなにドロドロに汚れた子供も
お風呂に入れて、くるくる石鹸で洗ったら
みんなピカピカ、綺麗になるよ。

大人の中にいる
インナーチャイルドも一緒。

どんなに見かけが怖くったって
ボロボロだって
それは外側だけのこと。

みんな中身はピカピカ光る命のかけら。

洗って、きれいな服、着せてあげよう。
裸ん坊のままも素敵。

ねぇ何が着たい?
どんな格好が好き?

ピカピカのあなた、もっともっと輝け。


子供の頃
私は可愛くない、そんな私がおしゃれしたって
みっともないだけって思ってた。
自分のことも好きじゃなかった。

今、遅ればせながら
好きな服を楽しんでいる。

家の中では、時々こっそり裸ん坊(笑)

好きな服を着よう、今の気分にぴったりの服。

省エネ、命と宇宙を信頼する

5週間前のFBでのつぶやき。
そうだった、そうだった。
1ヶ月少し前?ずいぶんと昔の気がするわ。
今の私は宇宙を、私をしっかり信頼できているかな?

忘れないように貼っとこう。


全体像を把握しなければ」「把握して進めたい」とずっと思っていた。
でも、毎回場当たり的な対応ばかり。
時たま、新しいモニターセッションとかのメニューを組むけど、結局当日にクライアントさんと0から作り上げる。
イベントやセミナーの資料も最小限を当日に仕上げる。

事前にちゃんと準備しておきたい、
軌道修正して、全部を把握しておかなければと
いろいろ工夫してきたけれど。

冷静に観察してみると、必要な準備はいつも私の想定を超えて、ほんのちょっとでいいみたい。
私の命の秩序の中には「全体像を把握する必要性がない、だからその機能もない」
それでうまくいくんだと信じることにした。

場当たり対応オッケーにすることでかなりの省エネになる。
自分と宇宙への信頼度が増した気がする。
命の秩序はみんなそれぞれ。
やりたいこともみんなそれぞれ。

写真は昨日の、kkjkでの衣装合わせ。
イベントに声かけてもらってから、あれこれ準備できるかしらって思ってたけど
全部、なんとなく決まっていく。
人が集まるだけで、次々とアイデアが生まれ
形になっていく。
安心してていいんだなって、また思える。
お祭り、楽しむぞー。

捨てる前の怖さ、その向こう側

朝、目が覚めて
「あの資料もういらない」って
言葉が浮かんできて、そしたら同時に
「怖い」って気持ちがむくむく湧いてきた。

先月、「これは取っておく」と決めて
綺麗にファイリングした仕事の資料。
くにさんが作ってくれたもの。

あれはもういらない
他のだって本当は全部いらない

ぜんぶ捨てていいって思ったら

地球の、だだっ広い世界に
ポツンと一人で立っているような心もとない感じがして

怖い、怖いとつぶやいている自分を布団の中で観察していた。

高校生の頃、
キリスト教の尼さんの持ち物は
歯ブラシとバケツとひと組の着替えだけ

それさえも借り物だっていう話を聞いた時
衝撃を受けた。

フーテンの寅さんっていう映画の主人公は
トランク一つで日本中を旅して回る。

ライフクエストを始めた時
4色ボールペンとA4ノート、これさえあれば
世界中どこでも仕事ができると嬉しかった。


ああ、ずっと前から
こんなにも私は身軽さに憧れているんだな。

軽く、自由であること。

それをいつも強く願いながら、一方で怖いと感じる。

書いていて思ったけれど
私が持っていたもの、今どんどんと捨てていっているものたちは
私をここに繋ぎ止めるためのアンカーだった。

ここっていうのは地球。

みんなと繋がっていたい
そうじゃなきゃ一人ぼっちになっちゃうっていう
私の恐れがくっついていた。

捨てたって、離れたって
本当はちゃんと繋がっている。
私は一人で生きていくわけじゃない。

その安心感がます度に
誰かのために持っていたものが減っていく。

小さい頃、学校の遠足の時
忘れ物をする友達の分までお箸を持っていったりしていた。

あの資料は、これから学ぶ生徒さんのため。
でも、それは全部私の中に、私オリジナルになって、ある。
何も持っていなくても、ちゃんと伝えられる。

もっと身軽になろう。
もっと自由になって、もっと旅をしよう。

手放す手前に感じる「怖さ」と仲良くしながら
本当の私に還っていこう。

私にとっての「ブログ」とは?

自分が体験したこと、感じたことを
そのまま写真や、文章として表現する行為。

なんのジャッジもなく
他の人からの評価を気にすることもいっさいなく
その表現の純度を限りなく100%に近づけていく作業。

***

私にとってのブログって
完全に自分だけのためのもの。
ただの日記。

コピ ブルン ケシリ。
小鳥のフンみたいなもの。

体験して、探求して、表現することが
私にとっての生きるということで

なんの抵抗もなくそれができるとき
私の魂はふるえる。

最上級の喜びだ。

恐れずに
自分をごまかさずに
ただ、出てきたものを出す。

体験し(入)表現する(出)
循環だ。

「入る」と「出す」の間には
消化(探求)と吸収(癒しと統合)がある。

私は自分のためにブログを書く。
自分のためだけに書くって決めた。

ありのまま出す。

いつかは、
人が見るための文章が書けるようになるのかな?
なりたい。
だから、まずはここから。

自分メモ・体質を変える実験(ニュースキャン・ポーレン)

親からの遺伝や体質を変える。
からだを本来の一番いい状態に戻す。

プログラムでDNA、染色体へアプローチ
(2019.7.26 m,kとも初)

翌日にだるさ、眠気、腰の痛みが増加
翌々日、だるさ、眠気スッキリ、痛みは軽減。

目標
好転反応による不調がでないレベルの
一番効果的な頻度、使い方を見つける。

様子を見て、1,2Wごとに継続予定。

修復の材料として、ポーレンを採用。
追加で、良質のタンパク質、ビタミンC、他
通常より、水分も多めにとる。

***

過去(たぶん2014)の記録メモ

遺伝や体質による病気、繰り返す病気

DNAのキズ

キズを直せば改善できる

核酸が必要

多く含む食材・・・シャケ、タラの白子
動物性なので、多く取るとコレステロールが気になる

修復の材料として、ポーレンを採用。

***

2014年の父との対話を思い出した。

私・・・体質は変えられる
父・・・変えられない

父は論理的に妥協なく質問してくるのがおもしろい。
私はまずインスピレーション
無限の可能性を信じることができるのが特徴。

無理、できない、という言葉を聞くとスイッチが入る。
それがやりたければ、やり続ける。
そのうち、できる。

A4資料を全捨て 何も持たない=全て持っている 

この8年、ずっと勉強してきた
潜在意識やライフクエスト、脳や細胞のこと。

その中で、すごい熱量で書きなぐったA4のヤレ紙、数百枚を
今、全部捨てた。

一度でも見直してからにしよう、とか
卒業生さんやこれから学ぶ人たちのために
整理してまとめよう、とか

いろんな葛藤が出てきたけど・・・

OSHOカードに手伝ってもらって
えい!っとではなく
深く納得して、自然に捨てられた。

見直したり、整理したり
その作業は私にとって本当にやりたいこと?
今すぐにでもワクワクしてやりたくなること?

その大量の資料を取っておくことは
「私自身の喜び」のためではなく
他の人たちのため。

私以外の人たちの役に立つからっていう
理由だった。

今の私に一番しっくりくるやり方は
ライブ。
そのままの一番高い熱量で、生身で
命のしくみを伝えること。

8年間学んだことは、全部私の中に入っている。
これから必要なことは、いつでも宇宙図書館から取り出せる。

自分で持ってなくても大丈夫。
安心して身軽になっていい。

タイミングで悩まない

Be in synchronized timing = Be in great joy

命の喜ぶままに生きていれば

それをまちがえることはない。
それで迷う心配もない
という事実。

愛。
出会いや別れ。
ビジネスのタイミング。

いつ誰と?
いつ何を?

たくさんの情報や
今までの経験を
並べたり、くっつけたり

どれが正解でどれが失敗なのか
いつ、何を選ぶべきなのか。

一生懸命、頭を使って
悩んだり、後悔したり、反省したりはもうお仕舞い。

頭、体、心を一つにして
命そのままに、喜びの方へ、光の方へ。

そうしたら、それだけで
自分にとっての成功が、みんなの幸せにもつながるような
最高のタイミングで、最善の選択できている。

なんて簡単。
なんて楽ちん。

どの波に乗るかなん
悩まなくってよかったんだね。

だってもう、波に乗っていた。

命そのままで、喜びに向かって生きること。

それだけに、全身全霊で集中すれば
いつだってベストタイミング♡