ブログ

ついに、ついに!

ついに、くんくんの
スイッチ、オン!

昨日は神戸に
二人で時計を見に行った。

「不思議な流れの一日やった」って

遠くを見るような声で
見えない世界を見るような目で

言ってた。

くんくんが
目に見えないものに見はじめた。

今まで、怖さもひっくるめて
ドキドキワクワクしながら、
一人でいろんな枠を飛び越えてきたけど・・・

一人でやるのもすっごく楽しかったけど・・・

これからはそれを
くんくんと一緒にできる!

もっと楽しくなる!
もっと簡単になる!

嬉しーい!

Don’t think

結果は考えなくていい
宇宙の愛に「私」をゆだねる


12 京都からのクライアントtkさん 腹をくくりたい 本当に幸せに 
13 土曜の朝 西谷 カエル 自然 考えてないで、今すぐ出発! 
14 日曜の朝 命そのままに生きると腹をくくる FBにアップ
15 skさん ちっぽけな頭で考えない 宇宙が守ってくれている 私のバックに

今から一人で神戸に行くよ。
こんな感じでひらりと旅に出るのは初めて。
新しいトビラが開く。

69歳のロックスターと欲の話

テレビで矢沢永吉を見ました。
コンサートの舞台裏と当日の映像。

とてもかっこよかった。

今年70歳だって。
年齢なんて全然関係ないんだな。

私は彼のファンでも何でもないんだけど
もっと見てたいなーって思った。

テレビのコメンテーターの人たちが
うっとりした顔で
すごい絶賛していたけど、その中で

「矢沢永吉には飢餓感がある、
それがかっこいいんだよね」ってコメントがあった。

なんか、わかる気がするなー。

コンサートのゲストででていた
奥田民生のイージューライダーって曲が
私は大好きなんだけど

その歌詞の中で

「すべてほしがる欲望」
っていうのがあって、それを思い出した。

この歌は、若者のことを歌った曲なんだけど

でも、年齢関係なく
パワフルにかっこよく輝いている人たちは

この飢餓感とか、欲望とか

そういう
人間としての欲を失わずに
いい形で持ってるんだろうな。

この間、「KEREN」ていう
吉本がプロデュースした舞台を観に行った。

ケレン(外連)っていうのは
歌舞伎用語の、奇をてらった技法のことだそう。
派手でゴージャスな演出でした。

いただいたチケットは最前列で
舞台の役者さんたちに手がとどきそうな迫力。

その時に
私のななめ後ろにいた、夫婦連れできていたおじいちゃんが

それは楽しそうに、ずーっと笑っていて

特に、舞台にミニスカートの女の子たちが出てきたり
こっち向いて手を振ったりすると

もう、本当に嬉しそうな笑顔(笑)

こっちまで楽しい気持ちになりました。

欲張りとか、欲深いとか、物欲とか

「欲」って
あんまり良くないイメージで使われることもあるけれど

大事だと思う。

無意識に、あるいは意識して
自分の中の「欲」を押さえ込んじゃう時があるから。

持っている「欲」があることを認めること。
「欲」を抑えこまずに、素直に表現すること。

あ、素直ってところがきっとポイントなんだろうな。

心の声、体の声、魂の声をちゃんと聞いて
自分の欲に素直に生きよう。

おばあちゃんになっても。

「欲」は大事な、生きる原動力だ。

自然でいる

これであってるのかな?

こんなことして、いいのかな?

他にやらなきゃいけないこと
あるんじゃない?


そんな気持ちが湧いてきて
微かに不安になったりする時

ふっと手を止めて
目を閉じて
静かにふぅーって
息を吐き出してみる。


私が本当にやりたいことはなんだろう?

今、私は安心して寛いでいるかな?

心からこのことを楽しんでいるかしら?


そうやって
自分に優しく問いかけてみると

一生懸命に働いていた頭や感情が
ふっと静かになる。


時間がたちどまる。


私をとりまく空気が
ふわりと柔らかくなるのを感じる。



あぁ、そうだった。
私は生きていたらいいんだった。

普通に、自然に

鳥みたいに
ネコみたいに
木みたいに
海へと流れる川の水みたいに
大空を吹きわたる風みたいに

ただ、ただ
生きていればいいんだったなって
思い出す。


体の力がフゥッと抜けて
私は自然にかえる。


私は自然の一部。
私は自然そのものだ。


いつだって、いのちは
自然に、一番最適な動きを知っている。


今、この瞬間
いのちとしての私は何を望んでいる?


日常のなかで
ふと立ち止まって
こんな風に自分に問いかける時間は
私にとって、とても大切。


いのちの

本来の私たちの

自然な動きを大切に生きよう。

私は金の卵を産むニワトリ

思い出した。

小さい頃、ジャックと豆の木の
お話を読んで

私も金の卵を産むニワトリ
欲しいなぁ
って思ってた。

好きなもの
なんでも買えるなぁって。

そして
大人になってからは
何かあるごとにくんくんに

私は金の卵を産むニワトリだよ

だから、
私と一緒にいたら
お金の心配はいらないんだよ

ってずっと言ってた。


なんの根拠もなく。


自分でも
なんでそんなことを思うのか

素っ頓狂なことを
なんの根拠もなく、思ってしまうとき

でもそれは、私にとって
1番の真実だ。


私の理解を超えたところの
パワフルな真実。


これは今までで実験済み。

くんくんとの結婚も
膠原病で動けなくなった時も
インドに行く時も

なんの根拠もない思いが湧いてきて
自分でも???だったけど。

今なら、わかる。

それは顕在意識の私の理解を超えた
潜在意識からのメッセージ。



じゃあ、なんで私は今まで
金の卵を生んでないんだろ?

あのお話の中のニワトリは

どんな時に卵を産むんだったっけ?

そうだ!
「うめ!」って言うんだ!

男の子がニワトリに
「産め!」って言うと
金の卵がコロンって出てくる。

じゃあ、私が私に言えばいい。



お金を稼ぐのは難しい。
仕事って、しんどいことも我慢しなきゃいけない。
お金にならないことは価値がない。
好きなことではお金は稼げない。
みんなと同じようにしなきゃダメ。

大変だったね。

本当の私を忘れて
いろんな価値観にがんじがらめになっていた。

そんな昔の私にさよならしよう。



私は金の卵を産むニワトリ。

「みほこ、金の卵を、産め!」





もっと人生を楽しむために、シンクロの話をしませんか?

偶然の一致
だけど、それだけじゃあ終わらない
シンクロニシティ。

シンクロニシティって
わー楽しい!不思議!で終わっちゃうと
もったいないんですよね。

もっと魔法が使えるようになるチャンスかも?

(エピソード)
クジャクと養子 
セッションと赤と白のカプセル 
sさんと大きな矢印 
ネパール・チトワンの再会
 

合わないふたり

Create a new possibility for our married life,
hope no fighting😜

どしゃ降りの中
「嫌やなぁ」って言いながら
出張に出かけていく夫、クンクン。

タクシー乗って行ったら?って言っても
絶対乗らない。

とにかく「がんばる」「続ける」クンクンと
とことん「脱力」「変えていく」を追求する私。

相容れない二人の暮らし。
お互い、すごいなぁって感心したり
あり得ないって呆れたり・笑