免疫と自己治癒力

昔の、体がボロボロだった頃の私を知っている人から
突然、電話がありました。

どうしてそんなに元気になられたんですか?って。

この間、数年ぶりで街でばったり会って
びっくりしたんだって。

肌がすごく綺麗になってる
すごく元気そう!って。

もうほとんど忘れていたけど
当時から比べたら、そりゃあびっくりされるよね。

今も、客観的にみて
決して肌が綺麗な方じゃない。
まだ、まだ、再生の途中。

でも、あの頃は
一気に20歳も年老いた感じになって
鏡を見るのも恐ろしかったくらいだったから

それから比べたら💕

時々、何をしたら、そんなに元気になれるの?
って聞かれることある。

何が?ってわけじゃない。
体のしくみを知るとおもしろいよ。

自分の体は自分で治せる。

昨日、電話をくれた人
「自分の免疫力を上げたいんです!自己治癒力を上げたい!」
って、何度も言ってた。

そんなに親しい間柄じゃないし、電話なんて初めてだったから
私もびっくりしたよ。

だけど、こういうのって縁だからね。

知ってること、全部教えてあげたい。

こんなに元気になりました。
外にも自由に、出られるようになったよ🌸

人の科学の力も、やっぱり愛。それが受け取れるようになったよ♡

ナチュラルなものが好きで
科学や機械を使うのが苦手だった。

親が子供の私に、何気なく(良かれと思って)
使っていた薬の副作用で
あとになってから、恐ろしいほど苦しんだせいもあって。

小さい頃から、自然の中で
小さな生き物や植物が一番近しく感じていた。

そのほかの、人間や人間が作り出すものは
関わるのが難しかった、ずっと。

でも、数年前、十三の小さな映画館で
「祈り」っていう映画を見たとき!

ドキュメンタリー。

目に見えない世界が
科学でここまで解明されてきているのか!
って、見終わったとき、立ち上がって拍手をしたくなったっけ。

映画館の人はまばらで
私の前のおじさんが
ずっと爆睡していたのが信じられなかった(笑)

福島の津波のとき

初めて、祈りの力を体感して、びっくりして
だから人は祈るのか!って謎が解けて

でもそれを言葉に表現したり説明ができなかったから

「よくぞ!」ってすごく嬉しかった。

もう一つ、同じように前のめりで
見入ったドキュメンタリーは岡本太郎の「太陽の塔」✨

あ、あちこち飛んじゃう。「太陽の塔」はまた今度。

話し戻すと

今、再生の大きな事業に関わっていて
そこでのことが「祈り」レベルで私の中に感動を巻き起こしてる。

昨日書いた
37度で人の血管から水素が発生する記事もそう。

人間の科学の力。
その根底にあるのは愛。

アインシュタインが最後に娘に残した手紙に書かれていたことが
今繋がる。

あー、やっぱりあちこち話が飛んじゃう。

感動したとき、「あ!!」ってなった時

脳のシナプスがバババーって繋がるみたいで
いろんな記憶の断片が、パズルがはまるみたいに繋がって

言葉になる以前に細胞が
何かを「深く理解」するみたいなんだよね。

これはすごく大事な作業。私の脳の仕組み。
これ止めちゃうと新しい認識ができない。

書くことで、気づきやバージョンアップが加速する。

だからこのブログは、自分のため。
人にわかるように書くのはあきらめた(笑)

でも、見てくれてる人もいるから
ちょっとはわかるように書きたいんだよね。

続きます。


今はこんな機械も使うの好きになったよ

Who is staring in your life? その2

小さいときからずっと
みんなと同じようにしなきゃいけないと思って生きてきました。

「自分」っていうものは不要。
周りと合わせることだけを考えていたように思います。

たぶん、生まれた北海道から
両親の実家のある関西に移動してからずっと。

大家族の中で苦労する嫁の立場の母を
物心ついたときから必死で守ろうとしてきた。

そこでは「自分」っていうものは必要なかった。
「みんな」しかなかった。

そんな暮らしが当たり前で
自分の「しんどさ」にも気付かずに
それなりに楽しく、それなりに悩んだり
「普通」に暮らしていました。
普通なんて、本当はないのに。

つづく

Who is staring in your life?その1

あなたの人生で、主人公は誰ですか?

「ながいながいペンギンの話」というお話がありました。
子供のペンギン、ルルとぺぺが冒険をするお話です。

まだ5歳の頃、絵本しか知らなかった私は
「こんな長いお話があるなんて!」とびっくりしたのを覚えています。

小学生の高学年になって、再び図書館でその本と出会ったときは
「長いと思ってたのに、こんな短いお話だったんだ!」
と逆に驚いたのも覚えています。

幼稚園の発表会で、そのお話のお芝居をしました。
私はその他大勢の、子供ペンギン。

セリフは一つもありません。
おまけに風邪をひいて
みんなのお芝居を舞台の袖から見ているだけでした。

その後も、発表会があるたびに
私はその他大勢でした。

主役になる子たちは、元気で華やかで
私から見ると別世界の子達に見えました。

みんながキラキラして見えた。

私は地味でいつも目立たない、そういう人間なんだと思っていた。
ううん、自分でそう決めていたんだと
今ではわかります。

ずーっと、その他大勢の人生。
私の人生という舞台の上で、主人公は行方不明でした。

つづく


つかのまの、名前も知らないお友達

バス停までの道のり、
立ち止まって、よそのお庭の花を見てたら
「来週くらい紫陽花が
きれいに色づくから取りに来て、切っとくから」
って声かけてもらった。

バスを待っているとき、
汗を拭こうとして、ハンカチがないのに気づいた私に
「これ、お洗濯してあるから」
と予備のハンカチをくださった女性。

帰り道、バスの時間待ちに寄ったカフェ。
カウンターの、隣の席の人とお菓子を半分こづつした。
ふたりとも
「コーヒーと一緒に
甘いものをちょっとだけ、食べたかったんだよねぇ」

3人とも、名前も知らない人たち。
私より、ひと回りかふた回り
先輩の女性。

目があって
今日は暑いですね、からはじまって
あっという間に
友達同士みたいに普通に話してる。

ほんの数分間のお友達。

昔はこういうの
すごく恥ずかしかった。

母がだれとでも、初対面の人とも
友達みたいに話しかけたりするのを見て
「いやだなぁ」って思ってた。

でも、いつの間にか
そういうとこ、母にそっくりやわ。
今はそれが、おかしくって楽しい。

インコと芝犬は「これ」が言いたい!



最近、ちこちゃんと作ってるYou tubeの動画。

今日のラボでは
私たちはここで何を伝えたいのか?
あらためて、マップを書きながら整理してみました。

で、でてきたのがこれ。

幻想を超えて行こうぜ!
何があっても大丈夫!

癒しのその先、
本当の自分を知ったその先にある、まだ見ぬ世界。

そこへ安心して進んでいけるための地図を
私たちは作っているのです。

人生をもっと楽しむために
人生をもっと豊かなものにするために。

ちなみに
芝犬はちこちゃん。
西村知子さん(にしむらともこ)

インコはわたし。
いほりみほこです。

知らない道を進むのはちょっとこわい?
大丈夫。
ちゃんと安全、確認済みです^^

私たちが幻想を超えた先に見た景色を
少しづつ、お伝えしていきますね。



安心して、幻想を超えて行こう♡





旅するインコと穴掘り芝犬 Lifedrop labo

一人でラボ活動って書いたけど
こっちには仲間がいました。



Lifedorp labo.
ライフシントロピーの仲間のチコちゃんと
「いのち」について、おしゃべりしながら探求しています。

今、FBページをたどってみたら
2017年6月からスタートしているから
始まったのはもっと前だな。

二人でひたすら対話をする2〜4時間。
毎月2回のこの時間は、私のお楽しみなのです。

何をきっかけに話しても
行き着くのは体や心、命のこと。宇宙のこと。

最近、その対話を10分くらいにピックアップして
You tubeに公開し始めました。

一人で探求も楽しいけど
仲間とやるのはもっと楽しい。

「いのち」のことを知ることは、
自分を知ること、宇宙を知ること。

本当の幸せはそこから始まります。

ご一緒にいかがですか?
「旅するインコと穴掘り芝犬」で検索してみてね。

ミポラボmipolaboの由来


「私がやってること、なんかいい名前ないかなぁ」
そう呟いた私に、友人のnさんが

「なんか、ミポってでてきたよ」
「ミポって何?ミホじゃなくて?」
「なんかわかんないけど、ミポ」

私もなんかわかんないけど
ミポって響きが気に入って。

私がやってるのって、ひたすら命の探求で
365日、24時間、実験してるような毎日だから
研究所って意味のlaboをくっつけて 
ミポラボmipolaboになりました。

後付けだけど
昨日のお風呂の中で
これって「mihokoの一歩」だわってひらめいて
ぴったりの名前だと自画自賛中。

ミホコノイッポ。
ミポ。

名前って、呼べば呼ぶほど
愛着がわいてくる。
人の名前とおんなじだな。

mipolabo
いつも自分の人生にときめいていられる
生きてるのっておもしろいって思えるための
「人生に恋する研究所」

友達からは
昭和なタイトル、石田純一ですか?
って言われたりするけど(笑)

楽しくてやめられない。

誰にも理解されなかったり
失敗もたくさん。
温かい眼差しで、
私が私を見守っていこうと思います。

ずっと、一人でやってきたけど
今年は仲間を見つける予定。
ミポラボ研究員、募集中♡